酸洗い・不動態化処理

ACCESS MAP

お問い合わせ

倉田産業株式会社

〒745-0802
山口県周南市大字栗屋奈切50-51

[TEL] 0834-26-0591
[FAX] 0834-26-0593

倉田産業株式会社は金属表面処理並びに付帯作業を専門に発展してまいりました

酸洗い(SUS SS)

酸洗いは、ステンレス製品の表面をエッチングにより溶解させ、溶接の焼け・スマット・スケールを除去し、同時に脱脂を行う処理です。
電解研磨でも同様の効果を得ることが出来ますが、酸洗いは溶液中に浸漬させるだけなので、より複雑な形状に素早く対応させることが可能となります。また耐食性も向上するコストパフォーマンスに優れた処理方法です。

ステンレスや鋼材の酸洗い・酸化被膜除去・不動態化処理専門。
※ステンレス以外、非鉄金属全般、アルミニウム、ニッケル、クローム鋼等ご相談ください。

施工実績


配管(SUS酸洗い)

配管(SUS酸洗い)


新幹線の水タンク(SUS酸洗い)

新幹線の水タンク(SUS酸洗い)

酸洗いQ&A

酸洗いは簡単に言うとどんな処理なのですか?
SS酸洗いとは、鉄の表面の酸化皮膜を酸性水溶液などにつけて除去し、錆を発生させない作業。通常は塗装の前工程の作業です。
酸洗いをお願いする場合、どのようにしたらいいのですか?
基本的に、お客様のほうでお持込みいただき、お引き取りもお願いしております。

出張作業はしてもらえますか?
出張作業も行っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

小さな部品でも酸洗いできるのでしょうか?
お任せ下さい。倉田産業は創業から金属表面処理を専門としています。どんな部品・製品にも対応致します。
ステンレス以外の金属について、酸洗いはできないでしょうか?
酸洗液の種類・濃度・温度等の条件を変えることにより基本的には可能です。詳しくは、当社までお問い合わせください。
[ TEL:0834-26-0591 ]

不動態化処理

ステンレスは空気中で酸素と結合し、表面に薄い酸化皮膜(不動態膜)を形成しています。
この酸化皮膜(不動態膜)があると、金属表面は腐食に対して反応性が低くなり耐食性が向上します。ステンレスが一般的に錆びにくい金属とされているのはこの膜があるからです。
しかし、自然状態でステンレス鋼上に形成されている不動態膜は非常に薄く、かつ不均一で脆弱であるため、機械加工や溶接などを施すことによって破壊されてしまい、本来の耐食性が失われてしまう場合があります。

不動態化処理とはステンレスに不動態皮膜を付ける表面処理であり、その目的は耐食性の向上(錆防止)です。

不動態化処理Q&A

酸洗いと不動態化処理の違いは?
酸洗いは溶接スケールや焼屯スケールの除去が目的で、不動態化処理は耐食性の付与を目的とします。
酸洗いをお願いする場合、どのようにしたらいいのですか?
基本的に、お客様のほうでお持込みいただき、お引き取りもお願いしております。

不動態化処理の特長はなんですか?
不動態化処理には以下のような特長が挙げられます。
・外観の変化がない
・寸法の変化がない
・硬度の変化がない
・様々なステンレス素材に対応する